整体実績33,000人以上の仙台市太白区あさか整骨院。肩こり・腰痛・足の痛みのある方は一度お試しください。

腰痛・ヘルニア・坐骨神経痛

  • HOME »
  • 腰痛・ヘルニア・坐骨神経痛

仙台で ~腰痛・腰椎ヘルニア・坐骨神経痛~ あさか整骨院

慢性症状の代表といえば腰痛
あなたも腰痛で困っていませんか?
あさか整骨院では痛みの根本原因である体の歪みを探しあなたの悩みを解決します。
整体や鍼灸治療、病院で注射したり整骨院でマッサージしたけどダメだった…
仙台市太白区で腰痛を解消したくてお悩みの方はこちらのページをご覧ください。



慢性腰痛でお悩みではありませんか?

check腰が痛くて整体に行っても効果がない


check腰痛くて整体行っても効果がない


checkベッドから起き上がったり、椅子から立ち上がる時に腰が痛い


check前かがみや中腰がつらく掃除機をかけるのが大変


check骨盤の歪みがあり子供の抱っこが多いので腰が痛い


check病院で椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、またはすべり症といわれた



腰痛について

骨の変形や椎間板ヘルニアなど腰痛には様々な要因があります。
一般的な腰痛の原因をお話していきます。
あなたの腰痛が解消するヒントとなればと思います。


腰椎椎間板ヘルニア・椎間板症

腰椎ヘルニアは腰痛の原因で最も聞くものだと思います。
腰に負担のかける作業(重いものを持つなど)、激しい運動、体重増加などによって椎間板が圧縮され中の髄核(ずいかく)が椎間板の外に出て神経を圧迫するものです。
似たものに椎間板症というものがあります。
ヘルニアのように髄核が外に出る事はありませんが、椎間板の周りを囲む線維輪がひび割れて痛みがでます。


腰椎分離症・すべり症

激しい運動を繰り返すことで腰椎の椎弓(ついきゅう)部分が疲労骨折を起こしてしまうものです。
分離することで腰椎の安定感が低下し腰の筋肉に痛みが慢性的に出ます。
分離しさらに腰椎が前方に滑ってしまうものをすべり症と言います。 前方にずれて神経根を圧迫させて腰から足にかけての痛みやしびれをうったえます。


脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)で慢性的に腰が痛かったりお尻から足にかけてしびれでお悩みの方がいます。 脊柱管という脊髄が通る通路が靭帯の肥厚や骨のズレや変形で狭くなり馬尾神経(ばびしんけい)という神経を圧迫し腰・臀部(でんぶ)から足までの症状を引き起こします。 一般的に脊柱管狭窄症は腰痛の中でも良くなりづらいと言われていますが、当院に来る方の7割が良くなっています。


変形性腰椎症

中高年に多いのは変形性腰椎症と言われています。
年齢と共に椎間板がへたって薄くなり椎間関節(ついかんかんせつ)や椎骨(腰の骨のこと)が変形を起こしてしまします。椎間板のクッションがないために重力や体重をまともに腰の骨や筋肉が受けてしまい筋肉に痛みがでます。


ストレスによる腰痛

ストレス過多で自律神経が乱れ内臓機能や循環機能が低下することで腰痛が起きるものです。
職場が変わって腰痛が一気に改善するといった事例もあります。


代謝異常や感染による腰痛

代謝異常や感染によっても腰痛は起こります。破壊性脊椎関節症、感染性脊椎炎、関節リウマチ性脊椎炎、強直性脊椎炎などは腰椎に炎症が起こって痛みがでます。この場合まずは病院に行って診察を受けてください。

いつもよりも腰の痛みが強かったり、夜中寝ていて痛みが増してくるなどの場合はこれらを疑ってください。



腰痛の方はどんな時に痛みで困っているのでしょうか?

腰痛やヘルニアと言っても様々な痛みを伴います。 座っていて痛む場合や立っていると痛い。朝起きるときに痛いなど。
あなたはどんな時に困っていますか?




椎間板ヘルニアについて

腰痛の原因でヘルニアがあると言われる方が多いので、ここではヘルニアについてお話していきます。
あなたの腰椎ヘルニアの解決方法が見えてきます。
ちなみにヘルニアとは「脱出」とか「飛び出す」という意味です。


椎間板ヘルニアってなに?

椎間板の中にある髄核が椎間板の外に出ることで神経根を圧迫して腰痛や神経痛を引き起こします。これが椎間板ヘルニアと呼ばれるものです。
特に腰椎4番5番、または5番と仙骨の間のヘルニアがよくヘルニアが起こる場所です。


どんな時にヘルニアが起きますか?

重い荷物を持ち上げようとしたときなど、腰に大きく負荷がかかったりすることで起きやすくなります。
腰椎が耐えられる許容範囲を超えてしまう事でな椎間板の圧力が高まり外に出てしまうと考えられます。
野球やバスケットボールなど腰に負担がかかるスポーツをされている人もヘルニアを誘発することが多いです。
それ以外にも普段の姿勢や動作が影響したり老化により椎間板が変形してヘルニアになることもあります。姿勢の悪さや骨盤・全身の歪みを感じている人ほど、椎間板の影響は大きくなります。


急な腰の痛みを感じたら…

急性の腰痛を感じたら、無理に体を動かさず、痛みが治まるまで安静にすることが一番です。 ただ、安静してもまったく痛みが治まらず、次第に痛みが足先に響いてくると感じたり、しびれをともなう、排泄や排便困難があるなどの症状を伴うようなら、早急に病院で治療を受けることをお勧めします。



マッサージ・整体・整形では改善しなかった?

整体で腰マッサージしてもその時だけ。ということは原因は腰の筋肉ではないということです。
整形外科で骨に異常がないと言われても腰痛が取れないのは、それ以外の原因が残っているからです。
慢性の腰痛を良くするためには背骨や筋肉だけ以外の原因を見てくれる先生に施術してもらうことが必要です。


神経痛やしびれがでるのはなぜ?

腰だけでなく足まで痛くなるのはなぜでしょう?
腰椎4.5番から坐骨神経が足まで伸びています。
そのため腰椎4.5番でヘルニアがでてしまえば坐骨神経を圧迫しますのでお尻から足先までの神経痛を引き起こします。
坐骨神経痛なのかヘルニアなのか確定するには、整形外科でMRIを取ってもらってください。レントゲンでは映らないヘルニアが分かります。
今痛みやしびれがあるなら症状が悪化する前に、整体もしくは病院で施術をうけるようにしてください。




坐骨神経痛について

ヘルニアではなくお尻から足までのしびれや痛みがでているのは坐骨神経痛かもしれません。
ここからは坐骨神経痛についてのお話です。


坐骨神経痛の症状

一つ目は座っていて痛みがでます。
座っているとお尻の筋肉を圧迫して神経に圧力をかけますので痛くなります。
長時間同じ体勢で座らなければならない方はクッションを使い少しでも圧力を減らすのも効果的です。
出来るなら数十分おきに立ち上がり圧力を一度抜いてあげることも必要です。

2つ目は立っていて痛みがでる人がいます。
立っていることで腰椎の神経根に圧力がかかり筋肉がパンパンになると神経痛が強くなってきます。それ以外にはどんな姿勢でいても一日中痛いという方もいます。おそらく炎症があるので早期に施術する必要があります。


坐骨神経が炎症

神経が正常に機能するのに重要なことは他の組織と滑りあうことです。
一度炎症を起こし坐骨神経痛になると筋膜や血管と摩擦が強くなり更に炎症が起きる。
すると発痛物質が出てさらに痛みが増すその繰り返しで治らなくなります。
良くなるためには組織同士が滑るように施術してあげることが必要です。


血液を供給する

神経を圧迫されると神経痛になりますが、同時に神径に栄養を送っている毛細血管も圧迫、牽引の力をうけるので、神経に十分な血液量を送れません。
そうなると神経は被膜が薄くなってしまい、刺激に対して過敏になってしまいます。
神経に血液循環されるようにすることが非常に大事です。
良くなるためには組織同士が滑るように施術してあげることが必要です。




腰痛の本当の原因

あさか整骨院でもっとも多い症状は腰痛・ヘルニア・坐骨神経痛です。
腰痛の本当の原因や施術の方法などをお話していきます。
腰痛やヘルニアは腰方形筋(ようほうけいきん)やインナーマッスルと言われる大腰筋(だいようきん)の緊張で起こります。
脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)や広背筋(こうはいきん)が固まってしまうことでおこります。
ではどうして筋肉が硬く緊張してしまうのでしょうか?


骨盤の歪み?

理由としてよく上げられるのが骨盤の歪みズレです。
骨盤はよく歪みます。右の骨盤が前方に傾き左骨盤が後方に傾くパターンが一番多く約8割の人がこうなっています。
このように骨盤が歪んでズレることで腰痛が起きることが考えられます。


骨盤が歪むと足の長さが変わる?

右の骨盤が前に傾くことで右足が長くなり、左足は短くなります。
本当に短くなっているわけではなく、骨盤の高さが右が低いせいでこのようなことが起きます。
足や骨盤の高さが違うということは土台が傾いていますから、背骨がそれによって左右に曲がり始めます。


骨盤の歪みで背骨が歪む?

骨盤の歪みによって背骨が左右にS字状に歪んでバランスを取り始めます。
わたしたちはこれを代償と言います。
背骨が傾いていますから左右の肩の高さが変わりますよね?
これにより体全体の歪みが作られ始めます。

背骨が歪むと筋肉が硬くなる?

背骨が傾き歪むことでそれを支えようとして筋肉が緊張を起こし硬くなります。
緊張すれば筋肉の隅々まで血液を運ぶ毛細血管の循環が悪くなるのでさらに緊張が増します。
このように腰痛やコリが作られていくのを分かっていただけたと思います。


腰痛と足の関係

腰痛と足はとても関係があります。歩き方が悪かったり捻挫や骨折により足部が歪むことで足部に緊張が生まれます。
そうなれば筋膜が足部に引っ張られ骨盤を下に引っ張り左右どちらかの骨盤が下がります。
骨盤の高さが白湯アンバランスになれば全体的に歪みます。
足が原因で腰痛。そういったことも実はとても多いのです。


内臓と腰痛

内臓が腰痛と関係するなんて考えたこともないと思います。
実はとても関係が深いです。腎臓が呼吸によってある程度上下運動をしているのですが、
腎臓が後ろの大腰筋との部分で滑りが悪くなり動かなくなる。
それにより大腰筋にテンションを加え続け大腰筋が機能しなくなります。
「大きい腰の筋肉」と書いているくらいですから。腰痛に関係することは当然ですよね?
実は私はほぼ毎日1人以上は腎臓の施術をしています。


骨盤底筋と腰痛

骨盤底筋とは内臓を下で支えている筋肉です。
昔と違って和式トイレがなくなった影響や椅子生活になったりで骨盤底筋がしっかり働かなくなっています。
骨盤底筋が緊張することでどうなるか?
お腹と足の間にある筋肉ですから足への血流を通したり足からの血流を戻したりします。
この筋肉が硬くなるということは、骨盤内の血流が悪くなり、結果として骨盤が硬くなり腰痛を引き起こします。


自律神経と腰痛

背中には自律神経が張り巡らされているためストレスや疲労により自律神経が緊張していくことで、
背中の筋肉が張り始めます。すると背中が猫背になり腰に過度な負担をかけることに繋がります。
そして骨盤の真ん中にある仙骨からの副交感神経が働き悪くなり骨盤内が硬くなり
腰痛の原因となることがあります。


安心してください!あなたの腰痛は軽くなります

あさか整骨院の腰痛施術はオステオパシーで行います。
それ以外にも骨盤を施術するときはAKA療法をします。
内臓へのアプローチは内臓マニピュレーション、背骨の施術はマッスルエナジー、
腰の筋膜へは筋膜リリースで施術しあなたの腰痛を解消していきます。


今までにはこんな方が…

10件以上も治療院・整体・病院を回って良くならなかった65歳の女性は台所に立てないくらいの腰痛が、3カ月の施術でお孫さんと遊んだり抱っこをしても痛みがなくなったと喜ばれている方もいます。
30年来の腰痛が2割ほどまで改善したことに驚かれた57歳の男性など腰痛が消えることをあきらめていた人が笑顔になっています。
今ご覧になっているあなたの腰痛も87%以上の確率で軽減するでしょう。




price

あさかTEL あさか整骨院の施術の流れ 問診

あなたの腰痛の原因は何か思い当たりますか?
ヘルニアや脊柱管狭窄症と言われているか。
いつからどのくらいの期間、腰痛や坐骨神経痛が起きているのか。
腰痛・ヘルニア・坐骨神経痛を解消するために一つ一つ聞いていきます。
それを基に施術の計画を立てていきます。

検査

腰椎の状態圧縮、捻れや傾き筋肉の緊張具合。炎症があるか?
下肢の循環、股関節から足部までのバランスなど施術をしていく上で大事な部分を確認させていただきます。
どのような身体のゆがみがあり負担がかかっているのか?
どこから施術する事が回復するために必要なのかを見せていただきます

施術

先ほどのチェックしたことをお伝えして、なぜこの部分を施術をするのかを話しながら施術していきます。
腰痛が取れる施術をあなたに体感していただきます。
関節をスラストして矯正したりや液体システムをBLTで開放し、筋膜リリースなどを行います。

カウンセリング

腰痛や坐骨神経痛が取れるために施術計画を立てていきましょう。
あなたが経験してきた長年の腰痛からサヨナラするためにどの頻度でどのくらいの期間が必要なのかをお伝えさせてください。

お問い合わせ│仙台 あさか整骨院

お問い合わせ│仙台 あさか整骨院

〒982-0032
仙台市太白区富沢2-8-36 
駐車場多数有

オレンジ色のお店です!
富沢中から徒歩2分。
和呉屋さんとなりです。

症状別ページ

お気軽にお問い合わせください TEL 022-244-2239 受付時間 9:00 - 19:30 [ 日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © あさか整骨院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.