感染症対策 呼吸編

感染症対策の呼吸法

毎日、新型コロナの情報で不安です。

こんな時には免疫を上げる対策ですね!

・適度な運動

・栄養バランスがとれた食事

・十分な睡眠


これを徹底しています。

免疫機能を上げるリンパの重要性

免疫機能を上げるにはリンパの流れが重要です。

そしてリンパ管が正常に働くの助けるのが、運動と自律神経のバランスです。

なぜなら運動により末端の毛細リンパ管がポンプ作用により心臓に向かいます。

そして毛細リンパ管が中心に集まってくると集合リンパ管にリンパ液が集まります。

集合リンパ管は平滑筋に覆われているので、自律神経の作用で静脈に流れます。

なので自律神経のバランスと運動が大事!

そのための一つとして呼吸法をしています。

快眠のための呼吸法

充分な睡眠であるために大きな深呼吸を心掛けています。

私がやっている方法のひとつが4・7・8の呼吸法

ハーバード出身のアメリカ人医師アンドリュー・ワイル博士が提唱している方法です。

この方法により、

・酸素が身体の隅々に届きます
・自律神経のバランスが整います
・肺の機能が上がります

ワイル博士の動画はこちら↓↓↓

4・7・8呼吸法

・背筋をまっすぐに伸ばし、床か椅子に座ります。

・舌の先を上の前歯の裏側につけます。

・息を吐く時は口から吐きます。

1)「フーッ」という音とともに口から息をすっかり吐き切る。

2)鼻から静かに息を吸いながら、1から4まで数える。

3)息を止めたまま、心の中で1から7まで数えて全身に酸素を行き渡らせるイメージ。

4)最後に「フーッ」という音とともに口から息を残らず吐き切りながら、1から8まで数える。

これが1呼吸で一度に4回の深い呼吸をする。

補足

補足として、
・4-7-8は秒数ではなくリズムです。

・息を止めておくのが苦しければ短めにしても良い。

・1日に2~3回やってみます。


この呼吸法で神経系にいい影響を与えます。
今回のような不安な毎日こそやっておくと良いようです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です