線維筋痛症を

何とかしたい人の

\ オステオパシー / 

check首肩や腕、腰から下肢まで、とにかく原因なく全身が痛い

check口の中の痛み、顔面の痛みや頭痛がある

check体中あちこちに痛みが移動する

check痛みのために睡眠不足や、食欲不振、抑うつがある

check雨の日や天候、気候によって痛みに波がある

check病院に行ったが、原因が分からないと言われた

 
 


あさか整骨院の小川智幸です。
色々な病院に行かれて線維筋痛症といわれて本当に困っている方が多いことを毎日の臨床で痛感しています。
痛みや倦怠感など不調はそれぞれですが、共通して言えることは「気力」がなくなっていることです。
痛みで心も体も疲弊していて疲れてしまっています。
そういった方のお役に立てるように日々施術をさせていただいています。

 
 

線維筋痛症ってなに?

check

線維筋痛症は、検査では異常を見つけることができない原因不明の痛みを感じるのが大きな特徴です。
痛みは体全身にわたり、誰にもその辛さを理解してもらえないことが一番お客さんを苦しめています。
認知度も低いため、人によっては、仮病や怠け者として扱われることもあり、非常に辛いものです。
痛みが原因で仕事を失い、生活ができない方もいる程です。
通常、関節やその周辺の筋肉や骨の痛みなどについては幅広くリウマチと言われますが、線維筋痛症はリウマチのように関節のはれや変形といったものは見つけられず検査でも異常が見つかりづらいものです。
 

なぜ線維筋痛症になるの?

線維筋痛症は特に中高年の女性に多くみられる不調です。
最近では、若い世代の発症や子供の症例も存在しています。
原因はまだ解明されていませんが、神経・内分泌・免疫系の不調と考えられています。
痛みを感じる神経伝達物質や、脳の血流低下も原因とされており、ストレスや過労が引き金となる場合もあります。
特徴は首、肩、背中から太ももや下半身にいたります。しびれ、こわばり、緊張とあらゆる痛みを感じるとされています。
痛みの程度や不調の出方についても個人差がありますので、線維筋痛症と特定されるまでにも時間がかかることがあります。
 

線維筋痛症の検査

線維筋痛症は
⓵ 身体の色々なところに痛みが3カ月以上ある。
⓶ 決められた身体の18ヵ所を押して18ヵ所中、11ヵ所以上痛みがでる。
11ヵ所以上なくても線維筋痛症といわれることがあります。

線維筋痛症のスクリーニング質問票というものがあり簡易的に調べることができます。
インターネットで『線維筋痛症スクリーニング質問票』で検索してご自身でチェックしてみて下さい。

 
 

線維筋痛症の不調

強い痛み、疲労感・倦怠感、こわばり、睡眠障害、うつ状態などを訴えます。
それらについてお話していきます。
 

痛み

特徴的なのは強い痛みがでることです。
痛みの質はそれぞれ違うケースがあり「ズキズキ」,「ヒリヒリ」,「鈍痛」,「刺すような痛み」,「焼けるような痛み」など日によって痛みが変わったり、毎日痛い人や季節や天候によって痛みが増減する方もいらっしゃいます。
 

倦怠感

身体の疲れが取れず、朝起きた時から疲れが残っていて一日中だるく倦怠感があります。
痛みを常に感じている方が多いために痛みに対するストレスで不眠になったり心身ともに休めないため疲労が取れません。
 

こわばり

手足の関節や筋肉に「こわばり」が起こります
リウマチとは違い関節が腫れたり変形するといったことがないのでその場合は線維筋痛症を疑います。

睡眠

痛みに対しての精神的ストレスや痛くて目が覚めて眠れずにぐっすり寝ることができない。
眠れないので疲れが取れず、体がだるく日中も元気がなくなり痛みが回復しずらい状態になります。
 

うつ状態

心身ともに疲れて気力がなくなりうつ状態に陥っている方も多くいられます。
周りにつらさを理解してもらえないことも多く、まずはあなたのことを理解してくれる方が必要になります。
お医者さんや家族、友人、整体の先生などあなたの『理解者』に頼ってください。

 
 


~線維筋痛症~

回復していく施術

check

線維筋痛症で病院だけでなく整体に行かれている方も非常に多くいらっしゃいます。
心身ともに疲労しているあなたにどのような施術をしていくかをお伝えしていきます。
 

筋肉の緊張を和らげる

線維筋痛症の方は痛みに敏感になっていますので、体を触られるのがこわがる方も多いです。
病院でも18ヵ所の圧痛検査などで痛いのにさらに押されて触られたくないと思っています。
神経が過敏になっている状態でも安心して受けられるのが「筋膜リリース」です。本当に優しい力で筋肉の緊張が和らいでいくのを感じていただけます。
 

こころの緊張を和らげる

睡眠がとれず頭がボーっとして心も休まらない状態だと思います。
心を休めるように自律神経を調整していきます。
自律神経の調整により眠りが深くなり、身体が回復していきます。

 
 

からだと心のサポート

体はものすごく辛いのに、医療機関での検査でまったく異常を見つけることができない。
とても不安な気持ちで毎日を過ごされている線維筋痛症の方にはこころと身体の両面でのサポートが必要です。
施術で身体が軽くなり頭がスッキリして夜も以前より眠れるようになります。
身体と心が休まれば線維筋痛症の悩みも徐々に減っていきます。