花粉症考察 2020年版

花粉が少ない?

おはようございます!

あさか整骨院 小川智幸です。

昨日お客さんと話をしていて今年は花粉症がそれほどひどくないんですよ~

という話題になりました。
 
 
たしかに何人かのお客さんがいつもの年よりひどくないとおっしゃっています。

もちろんひどい方もいますが、、、
 
 
なぜいつもより花粉症がつらくないのかを考察してみました。
  

花粉症考察 2020年版

先日までは単純にコロナで早い段階からマスクをしていたからかな?
  
と思っていたのですが、花粉症の方たちは毎年マスクは必須でいつもの年もマスクをしていますよね。
  
外に出なくなったから?
  
コロナで外出が減ったせいもあるかもしれませんが、それも何か違うような感じ。
  

毒素の影響

私がいつも話すのは花粉症の何割かの方がデトックスがうまくいくことで症状が改善される方がいることを話します。
  
身体に毒素が溜まっていることで花粉症状が現れやすいと思っています。

その毒素とは例えば添加物、肉魚などに体に負担がかかりやすいもの。
   
食べ物以外では特に中国からの黄砂やPM2.5の影響が大きいと思っていました。
  
知らず知らず空気中のPM2.5が体内にこれらが入り込んでいることで、花粉症状を引き起こしやすいと思っています。
  
デトックスをしても花粉症が良くならない人が本物の花粉アレルギー
  
 

花粉にPM2.5が付着?

内海聡 医師の本でもそういった大気中の化学物質と花粉症の関係を話していました。
 
PM2.5とかは年中、日本に来ています。
  
普段は気付かないですが、花粉が飛散する時期に花粉症として症状が現れます。
  
そもそも花粉にPM2.5が沢山付着していて、花粉が飛散することでいつもよりも大量に体内に入り込むことで花粉アレルギー&化学物質アレルギーが重なり花粉症が起きるのではないかなと思っています。
  
これはあくまでも僕が個人的に思っていることです、、、
  
批判しないでね 笑
  
 

経済活動がストップ

中国武漢市の経済が止まって衛星からの画像で武漢市の大気がとてもきれいになっているとニュースで伝えているのは聞いたことがあるかもしれません。
 
世界中の経済がストップして日本も影響を受けています。
  
大気中の化学物質がいつもの年よりも少ないのではないかと思っています。
  
それにより何割かの方の花粉症が例年より緩和されているのではないかなというのが私なりの見解です。
   
間違っていたらごめんなさい🙇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です